【チェロとコントラバス】見分け方、音域の違いは?デュオ(二重奏)の曲もご紹介!

・バイオリンとチェロは見るからに違うけど・・・チェロとコントラバスって違うの?似てる気がする。

・弦楽器4種類の音域ってどのくらい違うの?

・弓とか奏法も違うのかな?

今日は、こんな様々な疑問をお持ちの方がいらっしゃるようですので、お答えしていきたいと思います。
記事の後半ではチェロとコントラバスのおすすめデュオ(二重奏)曲も紹介しますよ。

では早速まいります!

疑問その1:チェロとコントラバスって違うの?見分け方は?

違います。全然違います。大きさがまず全然違うので、見分けはつきやすいかと思われます。はい。

と、これではつまらないので、せっかくですから弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)の違いについて書いてみます♪

弦楽器4種類のそれぞれの大きさ、重さ、音域の違い

楽器の大きさと重さは、ヴァイオリン<ヴィオラ<チェロ<コントラバス の順となっています。

音域に関しては、高いほうから順に、ヴァイオリン→ヴィオラ→チェロ→コントラバス となっています。

ヤマハ楽器の違い出典元:YAMAHA「弦楽器の種類と違い」

構え方の違いは?

ヴァイオリンやヴィオラが、「肩に楽器を乗せて顎に挟んで」演奏するのに対し、チェロとコントラバスは「縦に楽器を構えて抱え込むようにして」演奏します。

ヴァイオリン・ヴィオラ(肩に乗せてあごで挟む)

肩に乗せてあごで挟むヴァイオリン・ヴィオラ

チェロ ・コントラバス(縦に楽器を構えて抱え込む)

縦に構えるチェロとコントラバス

ここが「チェロとコントラバスって違うの?似ている気がする」という方がいらっしゃる最大の理由かもしれませんね(笑)

弓や奏法に違いが?

コントラバスにはドイツ式のジャーマンスタイルと言われる弓と、フランス式のフレンチスタイルという弓があります。

このふたつのスタイルでは、スティックの長さやフロッグの形が全く違い、奏法も弓の下の方からフロッグを包み込むように持つジャーマンスタイルに対して、フレンチスタイルはチェロのように上から持ちます。

 

ジャーマンスタイル

ジャーマンスタイルの弓の持ち方

フレンチスタイル(チェロも同じ )

フレンチスタイルの弓の持ち方

ここもチェロとコントラバスの見分けがつかない理由のひとつかも?

最近ではフレンチも増えてきた印象ですが、まだまだジャーマンスタイルで演奏する方のほうがよく見かけるかもしれませんね。

各弦楽器のオーケストラでの役割は?

ヴァイオリン:高音でメロディー(主旋律)を歌い、グイグイ引っ張っていく。

もりさき
前に出たがりでリーダー的存在の人が多い気がしますね(笑)

ヴィオラ:中音域でリズムを刻んだり、内声で音に厚みを出したりするいわば「橋渡し役、仲介役」。

もりさき
個性的でAB型っぽい謎な人が多い気がしますね(笑)

チェロ:低音域でリズム伴奏をとることもできるし、時にはメロディー(主旋律)を歌うこともできるマルチ楽器。

もりさき
周りをよく見ていて空気読める人が多い気がします(笑)いや、私は例外。

コントラバス:重低音でどっしり周りを支える「縁の下の力持ち」。

もりさき

温厚な印象、でもポーカーフェイスで実は心の中で色んなことを思ってる…私の中のバス弾きはそんなイメージです(笑)

コントラバスは、吹奏楽やジャズにも使われたりもしますね。

それぞれオーケストラでの役割が違いますね。どの楽器もアンサンブルには欠かせない楽器です。

疑問その2:チェロ弾きってコントラバスも弾けるの?

これは、「英語できるってことはフランス語もできるの?」みたいな質問です。

なので、残念ながら弾けません。チェロを全く触ったことがない人と比べたら、多少は演奏の仕方や音の並びなど想像つきやすいかもしれませんが。

疑問その3:チェロとコントラバスってどっちが難しいの?

基本的に、簡単な楽器というものは存在せず、どの楽器もそれぞれの難しさがあります。

シンバルを例にとってみる

皆さんもよくご存知のシンバル。こう言ってはなんですが、バシャンとやれば誰でも音は鳴りますよね。

だからと言って、「シンバルは簡単」と言えるでしょうか?

例えば、ブルックナー作曲の交響曲第7番(ノヴァーク版)は全体で約70分ありますが、シンバルは2楽章の最後のほうにナントたった1発だけ・・・

もりさき

16分07秒のところにご注目。シンバルを打った後の後ろ姿をよく見てください。やりきった後の達成感がにじみ出ていますよ(笑)

これが簡単だとはとても・・・言えません;打楽器奏者の方、心中お察ししますって感じです。

でも、あえて言うなら・・・

コントラバスの方が難しいかなぁ・・・と個人的には思います。

まずもって楽器が大きいし、弦は太くておさえるのが大変だし、ポジション移動だって相当な飛距離がありますよね・・・

という理由だけですが、あえて言うならコントラバスのほうが難しい気がします。

チェロとコントラバスのデュオ(二重奏曲)のおすすめを紹介

チェロとコントラバスでよく演奏される曲を2曲ご紹介します。

ロッシーニ:チェロとコントラバスのための二重奏曲 ニ長調

もりさき
我が日本を代表する山崎伸子さんの演奏を見つけました!こちら音声のみです。

バリエール:2台のチェロのためのソナタ ト長調(チェロ&コントラバス版)

もりさき
ベルリンフィルのチェロ奏者である、シュテファン・コンツさんの演奏必見です!

もりさき
他には、好きな曲を二重奏用に編曲して演奏する方も多いみたいですよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?チェロとコントラバスの違いがおわかりいただけたでしょうか?

楽器を深く知ると、オーケストラなどを聴いたり弾いたりするのも一段と楽しくなりますよ^^

>チェロは、みんなでやると楽しい

チェロは、みんなでやると楽しい


「チェロって良い音だなぁ」
「あのかっこいい楽器、触ってみたい」

もしあなたがこんな風にちょっとでも思っているなら・・・ぜひ一度うちに来てください!

せっかく興味を持ったのに、なんとなくそのまま足踏みしてちゃもったいない。
音楽の基礎がなくても大丈夫ですよ。楽器を楽しめるのは「選ばれし者だけ」なんてことはないんですから・・・

Arcoチェロ教室ではアンサンブルや合奏など、楽しいイベントも定期的に開催しています。 ぜひみんなで一緒に素敵なチェロライフを作っていきましょう!

CTR IMG