整腸作用による美肌

整腸作用による美肌

ラクトフェリンは直接肌にある細胞を活性化するだけに留まりません。美肌と腸内環境は密接に繋がっており、腸が汚れている人は肌にも影響が出てしまうのです。便秘体質の方が吹き出物が出やすいと感じたり、善玉菌が少ない人はニキビや肌荒れを感じたりします。

 

E腸と肌の関係性
口から入ってきた食べ物は腸に運ばれていきます。このときにビタミンやミネラルなどの栄養素が腸に届けられたり、ウイルスや細菌なども含まれています。腸はこれらをよりわけて、ウイルスや細菌は退治し、栄養のみを吸収して取り込んでいます。

 

しかし、野菜に付着する農薬、食品添加物、遺伝子組み換え作物などの摂取で、腸内環境は崩れてしまいます。悪玉菌が増加して、善玉菌が少なくなり腸はウイルスや細菌からからだを守れなくなります。悪玉菌が増えると免疫力低下、セロトニン不足が起こります。さらに悪玉菌が出した毒素が血液中に流れ込み、毒が肌に届いて肌荒れを起こしてしまいます。

 

ラクトフェリンは悪玉菌の生育環境を奪い、善玉菌には良い働きをしますから、毒素が発生しにくくなって、肌の新陳代謝を高めてくれます。腸内環境と美肌はこのように密接な関係性を持っており、善玉菌を増やすことが肌を綺麗にすることに繋がるのです。