飲んでもいいラクトフェリン

飲んでもいいラクトフェリン

ラクトフェリンはスキンケアとして使うだけでなく、飲んで内側から効かせるのにもいい成分です。ラクトフェリンは初乳に多く含まれ、母乳を通し赤ちゃんは摂取しています。新生児がラクトフェリンを利用できるのは、小腸にあるレセプターのおかげなのです。

 

D分解されず腸まで届く
赤ちゃんの消化器官はまだ未発達のため、ラクトフェリンを分解せず腸まで届けることができます。まだ胃酸が強くなく、酸や熱に弱いラクトフェリンが腸まで届けられるのです。胃で消化されるとほとんどが消失してしまうため、ラクトフェリンを飲む場合は胃で溶けない工夫が必要です。

 

そのためラクトフェリンサプリメントでは、腸溶性加工をほどこし、胃で溶けず腸まで届くようにつくられた商品を多く見かけます。カプセルに包んだりすることで胃酸で溶けず、そのままの形で腸まで届けることができます。

 

ラクトフェリンの研究では、小腸にラクトフェリンを受け取るレセプターがあることがわかっています。ラクトフェリンがすっぽり収まるような鍵穴のようなもので、ここにラクフェリンが結合することで、細胞が活性化されます。そのため美肌を求めるためには、腸までしっかり届くラクトフェリンを選ぶことが大切です。